ゴールデンクラブとは

将来への先見性、力強い行動力と決断力などによって、今日までの実績を築かれ、幅広い活動をされている方ほど、知らず知らずのうちに、ご自分の身体を犠牲にされがちです。 たとえば運動不足、食生活のアンバランス、睡眠不足、そしてストレス。 私どもゴールデンクラブは、そんなあなたの健康をサポートすることを使命として設立されました。 明日への活力の基本となる健康はあなた自身の選択であり、責任です。 ゴールデンクラブはその責任を自覚していただいた上でご入会ください。 そしてその一員として加わっていただいたあなたには、充実した人生を送っていただくために、共に健康を守り共に楽しみ共に考える頼もしいパートナーがお待ちしております。

ごあいさつ

あなたの健康をサポートする会員制クラブにご入会下さい

会長写真

がん、心筋梗塞などの心疾患、脳出血などの脳疾患は三大生活習慣病と言われ、日本人の死亡原因の大半を占めています。さらにこれらの病気は、家庭でも社会でも大変重要な位置に居られる年齢層に多いことも特徴です。
ストレスの多い現代社会において、重責を担い多忙を極める皆様の毎日は、まさに“ストレスとの闘い”とも言えるのではないでしょうか。そして忙しさのあまりに、ご自身の「健康」については、つい後回しになっていませんか。
家庭での責任、仕事での責任はもちろん大切です。しかしそれも健康であってこそ。自分自身の「健康」への責任もまた大切なものです。多少の体調不良は精神力で補い、ご自分の健康よりも仕事を優先に考えてしまう方は多いと思います。こうして無理を重ねてしまうと、知らず知らずのうちに体力が衰え、これがさまざまな病を引きおこす引き金にならないとも限りません。
心疾患や脳疾患の原因の多くは動脈硬化。そしてその動脈硬化は、糖尿病や高血圧、肥満、喫煙などで加速していきます。
がんはもちろんですが、心疾患も脳疾患も早期発見による対処が何よりも重要です。そのためにも定期的に健康診断を受け、病気予防に努めましょう。
私がゴールデンクラブを設立したのは、企業戦士とも言える皆様に「健康への責任」を自覚していただきたいとの思いからです。健康な時にこそ、人間ドックやPET健診を受けていただきたいのです。健診結果が良好なら安心ですし、不調があれば最善の対処方法を考えていけばよいわけです。ゴールデンクラブにお任せください。皆様の健康づくりから健康管理まで、しっかりとお手伝いさせていただきます。

ゴールデンクラブ会長 薗 廣四郎

ゴールデンクラブ会則(抜粋)

第1条[名称]

当会はその名称を「ゴールデンクラブ」と称する。

第2条[目的]

当会はその活動を通じて会員の健康を維持・増進し豊かな生活を送ることを目的とする。

第3条[会員]

当会の趣旨に賛同し自らの健康を維持・増進しようとする意志のある者は、所定の入会手続きをすることにより 入会することができる。

第4条[入会手続き及び入会金、月次会費]

  1. 入会を希望する者は、入会申込書・会則同意書・預金口座振替依頼書を当会に提出し、月次会費を納入することにより会員と成る。
  2. 月次会費は、PET会員22,000円・ドック会員11,000円とする。
  3. 月次会費は、毎月3日に会員の銀行口座より自動引き落としとする。
  4. 月次会費は、12回を1期(個別期間)とする。
  5. 会員が納めた月次会費は、いかなる場合でも返還しない。

第5条[PET会員]

  1. PET会員は、PET健診(総合相模更生病院Cコース・もしくは ゆうあいクリニックスタンダードコース)と、人間ドック(相模原健診センター・コース3)を、1期ごとに1回づつ交互に受診できるものとする。
  2. PET会員は、当会の企画する交流会等に積極的に参加することができる。
  3. PET会員は、入会後1期を待たず、6ヶ月経過後から受診出来るものとする。
  4. PET会員が、前項において定めるコース以上の健診を希望する場合は、別途本人の負担とする。
  5. PET会員が、前項の期間中に受診できない場合は、その会員が指定する者に同一の内容において受診させることができる。

第6条[ドック会員]

  1. ドック会員は、人間ドック(相模原健診センター・コース3)を、1期ごとに1回受診できるものとする。
  2. ドック会員は、当会の企画する交流会等に積極的に参加することができる。
  3. ドック会員は、入会後1期を待たず、6ヶ月経過後から受診出来るものとする。
  4. ドック会員が、前項において定めるコース以上の健診を希望する場合は、別途本人の負担とする。
  5. ドック会員が、前項の期間中に受診できない場合は、その会員が指定する者に同一の内容において受診させることができる。

第7条 退会

会員は、当会に2ヶ月前に所定の退会届を出すことにより退会することが出来る。

会員は、当会に対して支払うべき債務が残存する場合は、前項の退会届出までに清算しなければならない。

会員は、退会時に受診資格が残っている場合は、退会後3年間資格を留保できる事とする。

当会は、他の会員との間にトラブルを発生させたり、会の名誉を著しく傷つける恐れのある会員を退会させることがある。

第8条[会の運営]

当会の運営は株式会社ハイウェル(相模原市中央区小山2−10−4)が行う。

 

2013.05改訂